俺のらんちゅう

らんちゅうについて考えることは喜びである。

ラブラブらんちゅう

仲睦まじき夫婦。ラブラブですな。 今朝も産卵がありました。 今年の仔引きは1月末の仔たちが当たって今はそれが約300匹、順調に進んでいます。ところが2月と3月の産卵は全部失敗。特にこの本命ペアの仔が2回採って2回とも立ち上がらず苦戦しています。 この…

葛飾愛魚会2歳会に参加しました

この日は私にとっての開幕戦。葛飾愛魚会2歳会に参戦。 この一番手前の洗面器が私。29人中11位(勧進元二)でした。納得の結果です。 我が家の2歳のエースは今はこれかなという感じで持参しました。はっきりした欠点があるのですが、デカさだけは今日…

春の荒らし

東京地方は今日から本格的な春に突入したようです。桜が咲き最高気温が15度越え、~20度越えでしばらく安定する予報。 ということで屋外坪池に当歳青仔を投入。待ちに待った念願の当歳坪池飼育の開始です。もう群泳する姿が美しくて最高でした。午後から…

サシはご勘弁を

今週ハネたらんちゅうのうちの半分。これ全部サシなんです。サシはまいりますね。ここまで育ててみなきゃわからないので穀つぶしになるし選別でいらぬエネルギー使うし。 犯人はおそらくこいつ。自然産卵に参加しちゃった雄。 この雄は我が家に2匹しかいな…

良質な種魚こそが一番の宝物

先週の暖かさに乗じて温室から屋外池に移動したらんちゅうたち。今週は水温が10度を切り、冬眠のような状態になってしまいました。この魚たちは冬眠せずずっと温室飼育していました。だから生まれて初めての冬眠を今しているのです。しかも2月には産卵し…

55(ゴーゴー)大作戦

最近は水替えや選別作業を夜の8時くらいから10時くらいの間に行っています。 今日は約140匹の1月30日孵化のグループを55匹に絞りました。昨日はもう一つのグループも同じ孵化日のグループを140から55に減らしました。3日前には1月29日の99匹のグループを55匹…

新人と復活組と

立ち上がったばかりの仔をプラケースに入れて横から撮影してみました。 こんな小さな存在に無限の夢があるところが仔引きの醍醐味。夢の大きさも当選確率も、それはまるで宝くじなのですが。 一方、こちらの魚。 明け2歳メス。ここ2カ月ほどずっと底に沈んで…

毎日淡々と継続、先は長い

2歳3匹、親3匹、計6匹を収容しているこの舟(120×120)が好調です。 バイオ循環ろ過飼育で大がかりな水替えを今月はまだやっていません。楽ちん管理です。 朝アカムシ、1匹3かけくらい。食べきった後は粒餌を1~2時間で食べきる程度に。粒餌は…

試合観戦を見送り今日は練習

今日3月18日(日)は横浜観魚会の2歳会。見学に行くか否か。朝まで迷いましたが結局見送りました。 スポーツ選手に例えれば「今日は試合を見に行くか練習をするか」、で練習する方を選びました。温室飼育場に軽く5時間はこもっていたでしょうか。 じっくりと…

ハネた金魚が魅せた群泳美

仔引きを試してみたいペア。いい感じなので仕掛けてみたら夕方エラ気味に。しかたありません。塩入れて休戦。 今日は1月中旬生まれのアズマの3度目の選別をしました。半分に減らしてこれだけ。 20㎝以上ある大きな親からたくさん生まれたので孵化した数…

心頭滅却して凡事継続

昨日孵化の仔。人工授精はうまくいかず数が少ない組です。流そうと思ったのですが孵化させてみたら結構数がいました。立ち上がりも良好です。 親によっては自然産卵が上手ならんちゅうもいるのでしょうか。バタバタ人工授精させるよりこの環境(バイオ循環濾…

大事な種がエラ

3月11日産卵の卵の孵化が始まりました。 ノーマークだった突然の自然産卵で受精率も最悪。流そうかどうかさんざん迷ったのですか当たり腹実績のある2歳魚が親なので一応孵化させました。千はとてもいないでしょう。100いるのかな?ってくらいですが、さすが…

らんちゅうづくりの戦略は決断が肝心

日中、屋外の池の水温がついに20℃を超えました。待ちに待ったこの日。1階の温室飼育場から4階のこの池にらんちゅうを少し移動。今年新設したこの池を少しずつ稼働させていきます。 そんな状況の中、迷うのがこのグループ6匹の扱い。2歳3匹と3歳3匹の計6匹…

言い訳の出来ない環境の中で

3月13日の14時半ごろ。屋上の池が15℃を超えました。日当たりがより良い池は17℃越え。 この後東京地方は数日間気温が上昇傾向。今日の最高気温は18℃、14日は21℃、15日は22℃とのこと。この機会に屋外の池も稼働を開始させたいと考えています。 温室飼育…

らんちゅう家族の記念撮影

1月29日孵化の仔とその両親。を一枚の写真に収めてみました。 特に意味はないのですが、なんとなく、思い付きで。 にほんブログ村 //

このブログの1日のアクセスがなんと2000を超えました

朝、このメスがまた産卵をしました。1月末に当たり腹を出した我が家のエースです。 昨日時点ではお腹も大きくなく、前兆を感じなかったのでノーマークでした。自然産卵で卵は舟の底に巻き散らかされていました。数も少量でした。ですが1月末の時もこのパタ…

魚はいつ群れるのか

2014年、世界水草レイアウトコンテストに出品し、約2000作品中411位だった120cm水槽です。 写真審査のこのコンテスト。撮影に苦労したのは魚が群泳している瞬間を押さえなければいけないことでした。後に何度も悪戦苦闘を繰り返しているうちにわ…

環境整備を楽しむらんちゅう飼育

昨夜の雨で屋上の坪池は水位が上昇。ほぼ満タンに。しかし暖気がやってきていて水温は昨日の一けたから上昇して朝には12℃に。手前の池に泳ぐ3匹のらんちゅうはいわゆるパイロットフィッシュ。屋上飼育初体験のためこの魚たちを使って実験、勉強しています。…

仔の数をちゃんと数えてみた

1月29日、30日孵化した当たりのグループ。もうブラインはほぼ卒業しおやつ程度に。主にはアカムシを給餌しています。昨日再度選別を行い約2割をハネ。これを機に正確に数を数えてみました。 1月29日孵化組がちょうど100匹。これは両親が特定できているので再…

8兎を追うもの1兎も得ず

いい感じの一番仔。1月29日孵化。103匹います。今年はこの組で勝負・・・ 今年の目標、、、冷静に考えてみると何なのでしょう。 そりゃ日本一を獲りたいですが、それは目標というより夢。 その夢も「宝くじに当たればいいなぁ」という超低確率レベルの…

生きてこそ

この魚。実はすでにお星さまになってしまった状態の写真なんです。 朝飼育場をのぞいてびっくり。大切な会用が予期せぬ形で突然死。打ちのめされますなぁ。 らんちゅう飼育しているとどうしても年に何度かはこういうことがありますね。 2歳、親を作っていく…

関東アズマの自己流選別

1月に生まれた関東アズマの選別を行いました。2度目の選別です。 選ばれた仔たち。 落選組 ずいぶんと減らしました。実は今回の選別、所要時間はわずかに1時間程度。 アズマの仔引きは今年が初めて。これに関しては師匠もいないし、ネット上の情報もほと…

今日の飼育場(写真20枚、動画1件)

ここは自宅の4階(屋上)。タイル製の坪池4つ。 東京地方はここ数日春の陽気。水温は時に15℃を超え、冬眠組の金魚たちも泳ぎ始めました。坪池を3匹のらんちゅうが優美に泳ぐ姿は最高です。 らんちゅう飼育の本当の楽しさはまさにこの泳ぎを観賞する瞬間…

屋上坪池稼働準備開始

今年の初めに完成した坪池。初めてらんちゅうを投じてみました。らんちゅうを始めた一昨年に住んでいた家は坪池を持つことは不可能でしたので夢のようです。この週末は好天に恵まれ水温も10度越え。らんちゅうたちは坪池で優美な泳ぎを見せてくれました。 …

二律背反のなかでのせめぎあい

孵化後1か月の青仔。 厳しめの選別2回を経ても数が多いので舟を二つに割っていました。 ところがアカムシをやるようになると水の痛みが早い。 薄飼いしても水質の悪さに魚の活気が失われては本末転倒。 二つの舟を水道のそばの舟にまとめ、密飼いでもそれを…

春よ来い

3月1日(木)、屋上飼育場の防鳥ネット取り付けが完了しました。 この日はいい天気。春の到来をちょっと感じるポカポカ陽気。ここでらんちゅうを泳がせる本当の春がやってくるまであとわずか。とても楽しみです。 こちらは黒仔ですが残念ながら当歳ではな…

投飼戦略

昨年購入したベトナム産ブラインが終了。値段は高いが孵化率が抜群と評判のブライン。今年の初めに追加購入をしようとしたら品切れ。で、金沙を購入。明日から金沙に。さて孵化率はどんな感じでしょう。 らんちゅうを始めた昨年はこの趣味のケタ違いの餌代(…

2年目の課題

1月29日、30日孵化の1番仔2番仔がこんな感じになってきました。 昨年の仔引き(3月中旬産卵)はこの段階でほとんどサシ、でアウト、でした。したがって自分で仔引きした魚で研究会を戦うことはできませんでした。 今年は今のところまともな青仔を多数確保で…

スムーズに泳いでこそ

青仔がばらけずにこのように密集していることは良い証なのではないかという気がします。 1月30日孵化。すでに2回の選別を行いました。選別において私なりに重視したことは「泳ぎ」。 体のどこかが曲がっていないから泳ぎがスムース。泳ぎの良い仔たちは密集…

当たり腹、なのだと思います。よくわからないけど

今日は名古屋へ一泊の出張。仕事は14時からなので綾瀬発は9時半ごろ。 今この記事は行きの新幹線の中で書いています。 今朝は6時半に起きて約2時間、温室飼育場で給餌や水替え、そして少しの選別作業を行いました。その様子を。 本命ペアB(楽友会副会…