読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。坪池なんか持てません。俺にはこれしかできんのじゃぁ。

クリスマスイブ、凍える2歳魚とぬくぬくの3歳魚。

f:id:izest:20161219004802j:plain

先週購入した2歳魚(左)と3歳魚(中央、右)。

 

 

らんちゅう親魚飼育初体験の私。リスク分散戦略のため2歳魚と3歳魚を分けて飼育することにしました。

 

 

で、最初に2歳魚の飼育環境づくり。

 

 

冬眠へ。ある程度深さのある容器で80Lくらいあればいいだろう(それ以上大きいのは置けないし)ということでこちらを購入。

f:id:izest:20161224231244j:plain

金魚飼育にこれを使っている方は多いみたいですね。

 

 

早速投入。自宅2階のベランダへ。

f:id:izest:20161224231037j:plain

 

 

ところが設置場所の問題もあって他の水槽より2℃くらい水温が低い。

f:id:izest:20161224232122p:plain

快適そうに泳いではいるのですが、なんか寒そうに見えてかわいそう。

 

 

冬眠中の水温の安定は重要、と昨日の師匠の教えを思い出し、容器を保温加工することに。

 

 

こういうのを購入。1枚550円、2枚買いました。

f:id:izest:20161224231336j:plain

 

 

両面テープで貼って覆いつくし

f:id:izest:20161224231440j:plain

 

黒いガムテープで補強して仕上げ。デザイン的にはきれいじゃないですがまあこんなもんで。

f:id:izest:20161224231511j:plain

 

寒い夜だけど風邪ひかないでねー。

f:id:izest:20161224235240j:plain

 

5時間経過後の深夜24時。となりの水槽とほぼ同じ水温。意外に保温効果てきめんかも。

f:id:izest:20161224235355j:plain

 

一方、3歳魚は常時暖房onの会社のオフィスでぬくぬくとお過ごしです(左のプラ舟)

f:id:izest:20161224230921j:plain

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村