俺のらんちゅう

らんちゅうについて考えることは喜びである。

らんちゅうの若いオスは下手くそ

一昨日の朝に産卵があったらんちゅうの卵。人工授精分。右の洗面器は更水でメチレンブルー消毒。左の洗面器は循環ろ過水槽内でふ化待ち。同じ親から同じ日に採った卵を違う条件でふ化をさせてみます。立ち上がりにどのような違いが出るのか、または出ないのか。結果が興味深いところです。

f:id:izest:20180127135849j:plain

 

一方、人工授精前に自然産卵されていた卵はほぼ未受精卵の様子。

f:id:izest:20180127140224j:plain

らんちゅうの若いオスはエッチが下手くそ、ですね。

 

こちらは先日のアズマニシキ親魚の産卵シーン。自然産卵にも関わらず見事な受精率でした。

f:id:izest:20180114125906j:plain

さすが、大人はレベルがちがうね。

 

この時生まれたアズマの仔はここまで成長しました。

f:id:izest:20180127140737j:plain

水槽の水は青水。白い点はブラインシュリンプ。ところどころに白い塊のある針仔のフンも興味深いですね。

 

ちなみに撮影したカメラはアイフォンX。こんな写真が撮れてしまうスマホのカメラ。その性能のすごさもまた驚きでした。

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 

 にほんブログ村