俺のらんちゅう

らんちゅうについて考えることは喜びである。

このなかに、きっとおおぜき、いるだろう

f:id:izest:20180224101045j:plain

本命ペアのリベンジ採卵の仔の孵化が始まりました。


受精率がイマイチ。ちょっと私の人口受精が下手でした。


このペアが前回産んだ仔は青仔になる前に全部流しました。立ち上がりがダメだと結局ダメですね。


今日孵化の仔に期待します。



f:id:izest:20180224101629j:plain

今日は休日。妻も大阪出張中でいないので温室に1日こもって選別作業します。


1月29日、30日に孵化した当たり組の第2回の大掛かりな選別です。結構厳しい選別をします。ハネた仔も交換会で売れるくらいの魚はたくさんいそうです。でもここは未練を断ち切って厳しく。


経験値の少ない私ですが、武器は「視力」


2cmに満たない青仔の曲がりや尾は裸眼で見れちゃいます。今日はガンガン選別を進めていきたいと思います。


🐟  👀


らんちゅう飼育の大きな魅力の一つは、

・仔が簡単にたくさん採れること

・品評会の存在

この2つにあると見ています。

 

娯楽の4要素と言われる

1.偶然

2.競争

3.模倣

4.めまい

 

このうち1と2がらんちゅう趣味には存在するのです。

 

もちろん大関は偶然誕生するものではありません。とは言え「負けに不思議の負けなし、勝ちに不思議の勝ちあり」という要素が多少は働きます。したがって宝くじのような夢があるのです。当選確率は極めて低いんだけれども。

 

「このなかに、きっとおおぜき、いるだろう」とつぶやきながら。

 

選別という大変しんどい作業も楽しめちゃう。面白い趣味です。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 

 にほんブログ村