俺のらんちゅう

らんちゅうについて考えることは喜びである。

お兄ちゃんと比べると・・・

f:id:izest:20180512084745j:plain今日の1軍選手たち。

 

30匹弱。

 

時折数匹を洗面器にあげてみると「これは会用にはならないだろうなぁ」というものもおり、、、

 

数がこんだけしかいない中に会用にならないと思われるものが数匹いるだけで、「もしかしたら全部ダメかもなぁ」と弱気になる自分もいたりします。

 

この仔たちの未来を自分の頭で想像することができる尺度はこの1匹だけです。

f:id:izest:20180512085246j:plain

昨年初めて仔引きした唯一の作品。現在14㎝。会での実績はありません。昨年一度研究会に出してみましたがドボン。曲がってなくて尾形はいいので親で会に使うことを期して飼育を続けています。

 

卵から14㎝に至る過程のすべてを共に過ごしたのはこれまでの私にはこの1匹しかいないのです。表現が面倒なので名前をつけましょう。「1期生リーダー」と。

 

1期生リーダーと比べ今年の仔は「成長は進んでいるなぁ」とか、「尾は弱いかなぁ」とか。そういう皮膚感覚しか持ち合わせていません。飼育環境は全然良くなったので1期生リーダーよりは大きくできるでしょう。

 

人間でも例えば兄弟はしばしば比較して語られますよね。「お兄ちゃんはこうだったけどこの子は・・・」みたいな。

 

そんな感じで1期生リーダーと今年の仔を飼育しています。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 

 にほんブログ村