俺のらんちゅう

らんちゅうについて考えることは喜びである。

やや味気ない単独飼育

f:id:izest:20180915094012j:plain

8月末に行われた楽友らんちう会品評大会東関脇の2歳魚がここに入っています。単独飼育。状態は好調です。

 

まだ大会は4つあるのでそのどこかで使うべく強化育成中。明日の東部大会に持っていく予定でしたが明日の東部大会は当歳の戦力が1匹準備できたのでこいつの参戦は見送ります。

 

どこか残りの3大会で頑張ってもらいます。

 

東関脇の実績はついたのでもうちょっと造って優等に持っていきたいですよね。本当は来年親で使うといいのでしょうが、1年先の計画など成立したためしがないので、「今でしょ!」って感じで使いこみます。

 

単独飼育はあまり好きではありません。らんちゅうは観賞魚。養殖ではないのです。仲間と群れる姿も美しさのうち。

 

だけど2歳くらいになると単独飼育の方が育てやすい面もありそうな気がしています。1匹に向き合っていると体調もわかりやすいし。糞はこの魚のもの、と特定できることも利点。

 

孤独でかわいそうな気がしてしまいます。でも魚は別にそんなこと気にしていないのかもしれませんね。 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

  

 にほんブログ村