俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。坪池なんか持てません。俺にはこれしかできんのじゃぁ。

FRP池3個を一気に増設しました。

 

どーん!

f:id:izest:20170626181004j:plain

オフィスの窓際。これまでプラ舟などを置いていた場所に約250リットルのFRP池を3つ。導入しました。この場所は日が当たるので物置としてもデスクとしても機能せず有効活用できていなかった場所でした。まあ金魚に日差しを浴びてもらうのがちょうどよかろうと。

サイズは横幅120cm×奥行き90cm。

私が所有する舟、水槽のなかでは最も水量の多い舟になります。

 

皆様おなじみのこちらで購入しました。

水槽|商品紹介|FRP工房福井

このページ、よく見るんです。

ファミコンソフトを欲しがる少年のような心境で・・・

 

FRP工房福井さんは安いしサービスもいいし今回も大満足。

 

納期も予定より早めてくれて40cmのFRP洗面器も2個サービスしてくれました。

 

下の台は角材をホームセンターで購入し、昨夜の23時までかけて工事しました。

妻が見ている中で「これは組み立てじゃねえぞ、建設だ!」とかぼやきながら(笑)。

 

この3つの舟で2組のグループのらんちゅうを飼育予定。もちろんエースクラスを。ローテーションで水替えしながら作りこみ。

 

もう環境は言い訳にできねえ。ので一層頑張ります。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

楽友会第1回研究会に参加しました

 なんと7位。とてもうれしいーーー。

f:id:izest:20170625180118j:plain

 

7位の魚はこちら。今日は3匹出しましたが、これがエースだと思っていました。

f:id:izest:20170625180742j:plain

 

私が出したのはこの3匹。多くの方がこのエースに目を止めてくださいました。

f:id:izest:20170625185631j:plain

(おお、やっぱり?いいかも)

 

そして審査。

 

f:id:izest:20170625185025j:plain

 

なんとA評価。この時点ではAは3匹。

 

 

(ありゃりゃ?こりゃそうとう上位行っちゃう?)

 

 

で結局、A評価の魚は9匹で、私は7位。でも上出来上出来!

 

 

2週間前の喜楽会の6位に続く(自分的には)快挙!

その時の6位の魚は今日とは別の魚です。こちら。

f:id:izest:20170625180846j:plain



らんちゅうを始めて1年未満。自分で仔引きした魚ではないとはいえ、こんなに早く上位入賞を連続して経験できたのは・・・・

 

はい。キング会長のおかげでございます。

 

きっかけはこちら。

この6月4日に導入した魚で6月11日の喜楽会と6月25日の楽友会で幸せを味わわせていただきました。

 

自分が今年仔引きした魚は実はもうこの2匹しか残っておらず風前の灯。

f:id:izest:20170625181703j:plain

しかも会に出せるレベルではとてもありません。

 

なのであちこちから当歳魚を導入したんですが、どの魚が会で戦えるのか、強化指定選手足り得るのかがわからず困っていました。やはり飼育の手間は精鋭に集中してかけたいですもんね。

 

上位で戦えた魚が今、手元に2匹いることがとてもとてもハッピーです。モチベーションがさらにアップ。飼育を一層頑張ります。

 

今日の結果です。(38匹中30位まで)写真撮りました。

 

1位 稲村俊明さん

f:id:izest:20170625182003j:plain

 

2位 山岡仁さん

f:id:izest:20170625182416j:plain

 

3位 矢ケ崎伸司さん

f:id:izest:20170625182503j:plain

 

4位 伊藤征夫 さん

f:id:izest:20170625182545j:plain

 

5位 木村文夫さん

f:id:izest:20170625182730j:plain

 

6位 林和明さん 

f:id:izest:20170625182857j:plain

 

7位 私、兵頭秀一

f:id:izest:20170625182921j:plain

 

8位 田中淳さん

f:id:izest:20170625183005j:plain

 

9位 田中淳さん

f:id:izest:20170625183024j:plain

 

10位伊藤征夫さん

f:id:izest:20170625183100j:plain

 

11位 小泉順一さん

f:id:izest:20170625183112j:plain

 

12位 山岡仁さん

f:id:izest:20170625183137j:plain

 

13位 田中淳さん

f:id:izest:20170625183238j:plain

 

14位 田中淳さん

f:id:izest:20170625183321j:plain

 

15位 神尾賢一さん

f:id:izest:20170625183447j:plain

 

16位 山田さん 

f:id:izest:20170625183727j:plain

 

17位 私、兵頭秀一 (この順位でも結構嬉しい!)

f:id:izest:20170625183524j:plain

 

18位 塚田健司さん

f:id:izest:20170625183833j:plain

 

19位 七尾好之さん

f:id:izest:20170625183921j:plain

 

20位 池田伸次さん

f:id:izest:20170625184046j:plain

 

21位 私、兵頭秀一(この順位も満足!)

f:id:izest:20170625184106j:plain

 

22位 池田伸次さん

f:id:izest:20170625184141j:plain

 

23位 神尾賢一さん

f:id:izest:20170625184225j:plain

 

24位 大久保さん

f:id:izest:20170625184315j:plain

 

25位 目黒さん

f:id:izest:20170625184356j:plain

 

26位 林和明さん

f:id:izest:20170625184504j:plain

 

27位 林和明さん

f:id:izest:20170625184524j:plain

 

28位 神尾賢一さん

f:id:izest:20170625184554j:plain

 

29位 神尾賢一さん

f:id:izest:20170625184620j:plain

 

30位 七尾好之さん

f:id:izest:20170625184640j:plain

izest.hatenablog.com

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

大人の味

種でもない、会用でもない2歳以上のらんちゅうたち。

 

粒餌のみの青水飼育。水替え頻度も2週に一度程度。雨にもさらされ風にもさらされ。

 

会用、種用のらんちゅうに比べると手間もコストもはるかに冷遇されてしまっている彼らを青水からすくいあげてみたら・・・

f:id:izest:20170624011035j:plain

色も揚がっていて実に美しいじゃあないですか・・・

 

これこそが大人の味なんでしょうか。

 

いつの日か素敵な親魚を自分の手で作ってみたいですね。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

TOKYOFMに出演、らんちゅうの話題も少しあり

6月22日木曜日16時半ごろ。TOKYOFMのシンクロのシティという番組に生出演しました。ちょっと変わった会社を取材するコーナーです。私の会社を取り上げていただきました。時間は約5分。


らんちゅうの話題もちょっと取り上げてくれています。
http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20170622150000
でお聴きいただくことができます。

16時31分あたりからお聴きください。f:id:izest:20170622235704j:plain

f:id:izest:20170622235650p:plain

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

研究会候補

 3日後に迫った研究会

 

まずこの組から1匹。審査を受けてみたい魚がいます。

f:id:izest:20170622143909j:plain

 

そしてこの中には2~3匹、審査を受けてみたい魚がいます。この組には先日の別の研究会で6位になった魚がいます。今回はそれとは違う魚を持っていきます。

f:id:izest:20170622144009j:plain

 

そういえば、何匹まで持ち込み可能なんだろ。たぶん3匹かな。

 

初心者なので勝ちに行くという感覚はなく、まさに研究させていただく会です。

 

この研究会の結果で我が家の夏以降の強化指定選手が見えてくるかと思います。

 

研究会の翌日に新しいFRP舟が3つ納品されます。(たった今、福井工房さんから電話をいただきました)。その舟で強化指定選手を厚遇します。


にほんブログ村

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

このブログのアクセス数公開!

f:id:izest:20170620234501g:plain

昨年の12月から始めたこのブログ。

 

一応毎日更新を続け、昨日でその数も200記事に到達しました。

 

継続は力なり、なのか、気がつけば一日のアクセス数が800を超える日もありビックリ。

 

流入経路はほぼ「ブログ村」です。

 

私は15年ほど前からインターネットのメディアビジネスをしています。これまで2つのサイトを成功させました。その経験上、一日のアクセス数が3000を超えると創業者に「家が建つ」くらいの経済効果が生まれます。

 

まあこのブログがそこまで行くことはないと思いますが。このブログはビジネスではなく100%趣味なので。

 

いずれにしてもたくさんの方にご覧いただいて感謝です。

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

ネコをなめんなよ

玄関脇。ハネた黒子をアロワナのエサ用に15匹くらい飼育していた60リットル舟。

 

朝みてみたら、「あれれ?」空っぽ。

 

状況から見てどこかのネコの仕業かと。

f:id:izest:20170619231841j:plain

スイレン蜂の青水飼育ではフタなしでも鳥獣被害はゼロでしたが、更水だとダメですね。

 

フタもこんな感じで。猫の入る隙間はある。

 

自宅前は人通りが多いので鳥獣被害は起こりにくいだろうとなめていました。

 

深夜に来たのでしょう。猫をなめてはいけませんねー。


にほんブログ村

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

500mlのハイボール VS 500リットルの水道水

今日も水替え。水替え水替えの日々。

 

なんだかんだで今日は水道を3時間くらい出しっぱなしにしていたような。水道代はいくらくらいなんだろう。まあ気にしないようにしています。毎晩飲んでる「もう一杯!」よりは安いと思うので。らんちゅうやめるより酒減らす方が簡単なので。

 

500mlのハイボールと500リットルの水道水はどっちが安いんでしょうね。

f:id:izest:20170618221636j:plain

f:id:izest:20170618221708j:plain

 

 

夕方から共に6月生まれの父80歳、母77歳を家族でお祝い。

f:id:izest:20170618221307j:plain

f:id:izest:20170618221119j:plain

 

 

一方、我が家の、来年も種にしたいペア。まだ2歳。

f:id:izest:20170618221414j:plain

人生は長い。そしてらんちゅうの生涯は実に短い。


にほんブログ村

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

らんちゅうをはねる基準のヒント

こんまりさんという片付けのカリスマみたいな方がいる

mamamassan.hatenablog.com

ということを友人の雑談で昨日 しりました。

 

彼女の片付け基準は「ときめくか否か」なんだそうです。

 

なるほど。

 

らんちゅうの選別でも通じるはなしですな。

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

自分基準のお気に入り

我が家の育成選手。

 

まだ小さいので今年の1軍昇格はないかなぁと思っていますが、将来を楽しみにしています。上の魚は形が、下の魚は色が気に入っています。

f:id:izest:20170615233830j:plain

f:id:izest:20170615233851j:plain

会で通じる魚になるのか否かはよくわかりません。

 

2011年から昨年まで、水草レイアウト水槽をたくさん作りました。でも最近は多少飽きてしまっています。原因は「世界水草レイアウトコンテスト」の評価基準を意識したレイアウトで頭がいっぱいになり自由度の高い創造性が自分のなかで閉ざされた感があったからです。

 

らんちゅうは会での活躍を意識した魚づくりだけでなく、自分基準のお気に入りも育ててみたいなぁと思っています。

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

水を洗浄する

7匹の当歳魚を右の舟と中央の舟でほぼ毎日入れ替えて飼育しています。

f:id:izest:20170615015047j:plain

 魚を抜いたほうの舟は水替えをするのではなく、まず糞濾しをしてそのあとエーハイムの外付けフィルターで一日以上、水を回します。するとかなりきれいになるのです。水の再生です。

 

このエーハイムフィルターはかなり仕上がっているものでろ材に優良なバクテリアがふんだんに生息していると思われるものです。

 

この場所は水替えが若干面倒な場所です。水の再生によって水替え回数を大きく減らすことが狙いです。

 

良い水とは水道から出てきた一切の生物がいない水なのか、それとも良性のバクテリアによって浄化された「生きた水」なのからんちゅうの泳ぎと餌の食いをしっかり観察して検証していきます。この方法(水の再生)にはかなり期待しています。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

らんちゅうがくれたメロン

f:id:izest:20170613113233j:plain

f:id:izest:20170613112805j:plain

研究会の会場は青果市場。野菜や果物を景品として選んで持ってきてくれるのは国内TOPの八百屋さんとしてNHKプロフェッショナルに出演したプロ中のプロ、匠さん。それはそれはもう、全てが格別においしいですよぉ。

 

賞品のメロンをもたらしてくれたのはこの小さな小さな1匹。

f:id:izest:20170613112943j:plain

このらんちゅう生まれてきたから何をしたのかというと、「えさを一生懸命食べたこと」と「泳いだこと」ただそれだけ。

 

そんな無力な小さな魚が人間においしいものを食わせてくれた。メロンを食べながらちょっと感動しちゃいました。

 

メロンはそこそこ好き、程度だったのですが、匠さんのメロンは抜群にうまかったです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

らんちゅうを撮る

「高い鮮鋭感と豊かな階調性を誇るニコン史上最高画質のデジタル一眼レフカメラ

との宣伝文句で2014年に発売されたニコン D810。レンズと合わせると40万円~50万円するカメラです。仕事で使うためこれが会社に2台あります。

f:id:izest:20170613010305j:plain

まあ、感動するくらいきれいな写真が撮れるカメラです。カメラは腕も大事ですが値段はもっと大事。その影響力は腕を凌駕するほど。5万円のカメラでプロがとるよりこのカメラで子供がシャッターを切った方がすごい写真が撮れてしまいます。

 

仕事でつかう、とは一つが就活生の履歴書写真撮影。もう一つがバドミントンメディア運営のための撮影取材です。

 

・履歴書写真撮影

安心度100%!履歴書写真無料撮影会 | 【合説どっとこむ】合同説明会・合同面接会・就活セミナー情報

・バドミントンメディア運営

Badland

 

 写真家には航空写真家とか風景写真家といったような専門領域があります。バドミントン撮影と履歴書写真撮影は相当経験を積んだのである程度の自信があるのですが、らんちゅう撮影はまた勝手が違います。

 

らんちゅうも「人の心を揺さぶる写真」が撮れるようになりたいと思っています。

 

とにかく経験値を積むしかないので頑張ります。

 

こちらは一昨日行われた喜楽らんちゅう会、第1回研究会、小の部、1位~6位の写真です。D810で撮りました。

 

1位木村 文夫氏

f:id:izest:20170613005840j:plain

 

2位林 和明氏

f:id:izest:20170613005823j:plain

 

3位林 和明氏

f:id:izest:20170613005812j:plain

 

4位間中 勝氏

f:id:izest:20170613005759j:plain

 

5位松崎 真章氏

f:id:izest:20170613005744j:plain

 

6位、これが一昨日私に幸せをもたらせてくれたお宝ちゃん、です。

f:id:izest:20170613005728j:plain

 

こうして自分の戦果も高画質写真でここに残しながら勉強もしていきます。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

泳がせ大作戦~らんちゅうのナショナルトレーニングセンター~

熱帯魚飼育ではこのように魚が群泳するのは「水槽に投入した初日」だけでした。緊張感があるのでしょう。落ち着いたら各自バラバラ気ままに遊泳をするようになります。

f:id:izest:20170612183911j:plain

 

よく観察しているとらんちゅうもそうであることに気づきました。舟を変えると群泳を始めます。

f:id:izest:20170612183814j:plain

 

そこで作戦。青い舟と緑の舟を二つ並べて毎日入れ替えるのです。

f:id:izest:20170612183829j:plain

実際によく泳いでいるような気が。こうすると水も常にきれいだし。

 

果たしてうまくいくか。

 

ちなみに緑の舟の写真にちらっと写っていますが舟は4階の窓際に置いています。室内なので水温も安定。朝数時間だけいい感じで日が当たる絶好の場所です。職場なので頻繁な観察と給餌が可能です。

 

ここをナショナルトレーニングセンター(東京都北区にあるオリンピック選手のための強化育成施設)と名付け、会用の育成とか産卵などの拠点にします。ここに置くFRP舟を3つ発注しました。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

喜楽らんちゅう会第一回研究会

喜楽らんちゅう会第一回研究会に参加させていただきました。

 

人生初の研究会参加です。

 

小の部に2匹出品。

 

自分で仔引きした魚はこの舞台に立つレベルには到底及ばず。

 

諸先輩方から導入した魚で勝負させていただきました。

 

でも、、、、どの魚を選んだらいいのか。候補は20匹くらいいたのですが。

 

選んだ2匹がベストだったのか、その確信は全くありませんでした。

 

選んだのはこの2匹

f:id:izest:20170611222110j:plain

f:id:izest:20170611222139j:plain

 

するとなんと・・・

f:id:izest:20170611223251j:plain

6席をゲット。

 

自分が造った魚ではないにしろ、こんなに早く上位を経験できるとは夢にも思っていませんでした。とてもうれしいです。

 

魚の選択が正解だったと、言いたいところですが、、、、

 

もう一匹は最下位・・・・。

 

こういうところに自分の実力不足が露呈してしまうわけですが・・・

 

ですがどういう魚が評価されるのかについてわかった点があるのでとても有意義な研究会でした。これぞまさに「研究会」。

 

そして、今日6席になった魚とその兄弟が「強化指定選手」であることが分かったことも大きいです。

 

限られた飼育施設の中で「選択と集中」は重要な戦略なので。

 

会の詳細については先輩方のブログにUPされていますのでリンクさせていただきます。

喜楽らんちゅう会第一回研究会 - 八百屋の匠杉ちゃんらんちゅうのページ

らんちゅう草加宿 2017/6/11 喜楽らんちゅう会第1回研究会

喜楽会第一回研究会 : らんちゅう飼育東京スタイル

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村