俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。らんちゅうについて考えることは喜びである。

らんちゅう飼育開始のきっかけは水草水槽

f:id:izest:20171022040712j:plain

5回目のチャレンジとなった今年の世界水草レイアウトコンテスト 2056作品中1018位でした。過去最高は2年目の411位。いつかは100位以内を、と頑張ってきたのですが大会自体のレベルが上がり目標がどんどん遠くに。


世界中からプロが本気で挑んでくるので半端ない戦いです。毎年5月に締め切り。8月に結果が通知され、昨日10月21日が表彰式。表彰式の日以降こうして自分の作品をネットに掲載することが解禁されます。

 

この趣味には2011年から5年以上、結構深くはまりました。水槽も10本以上に。

 

ところが主役が水草に移行しすぎており、魚に対するペット感がいまいち。この写真に掲載されている魚の群れも仮に翌日数匹死んでいても気づかないでしょう

 

そこで、これだけたくさん水槽があるのだからペット感のある魚を買おうと。

 

選択肢は「ナマズ」「ディスカス」「金魚」

 

で、らんちゅうに至った次第。

 

水草水槽を趣味にしていなかったらんちゅうにたどりついていなかったでしょう。

 

10本以上あった水草水槽は今では2本を残すのみ。1年かけて徐々に水槽関連施設をらんちゅうに寄せてきました。

 

水草水槽かららんちゅうに移行を始めて1年。いまの自分の中での関心事はらんちゅう99:水草水槽1、くらいです。水草水槽は約5年。夢中になりました。

 

果たしてらんちゅうは何年続くのか。もしかしたら一生続く気がしています。両者の最も大きな違いは品評会(研究会含む)や会の存在、そしてそこから生まれる素敵な人間関係にあります。水草水槽という趣味の世界はそれがほぼないのです。コンテストも年1回のみ。ちょっと寂しいですね。この違いが大きいと思っています。

 

 

話は変わってデンマーク滞在もあと2日。明後日朝にはパリへ向かいます。

 

バドミントンのデンマークオープンも今日は最終日。決勝戦。日本勢は5種目中女子シングルスと女子ダブルスで一組ずつ決勝進出。取材記事はこちらにUPしています。

www.badland.jp

f:id:izest:20171022161221j:plain

 このように写真撮ったり記事を書いたりしています。

 

各国の報道関係者の方々と記念撮影。バドミントンはアジアが盛んなスポーツ。ヨーロッパの大会にはあまり多くのメディアが訪れないようです。でもデンマークだけは世界TOPレベルで、日本のバドミントンよりはるかに実績と伝統があります。

 

右から女性3人が中国、デンマーク、長身の女性が台湾、中央の男性がインドネシア。前列のお二人は黒人の方がマレーシア。そのお隣が韓国。言い換えればこれらの国がバドミントンの強国なのです。

 

後列左端が私で隣が妻です。妻は同じ会社で仕事しています。私と一緒にカメラマンもしています。

f:id:izest:20171022161623j:plain 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

世界1位アスリートのパパと乾杯

デンマーク滞在7日目。息子かららんちゅうの状況が写真で送られてきました。

f:id:izest:20171021011629j:plain

毎日送れと指示をしているのに3日に一度しか来ません。そういうテキトーさ。実は私に似ているので文句言えませんな(笑)。しかも写真がぼけていて、これじゃ生きてる、くらいしかわかりません。


東京地区は雨続きで低水温が続いているそうですね。関西方面では台風?

 

こちらデンマークは北欧のイメージそのままにほとんど毎日「曇り」。気温は外ではセーター着てちょうど。コートまではいらないかな、という感じ。

 

今日のバドミントン取材は試合が夕方から開始、ということでデンマークバドミントン協会が市内観光をセットしてくれました。プロのガイドさん(赤い服の女性)もついて。

f:id:izest:20171021012215j:plain

ここにいる日本人は私と妻だけ。多国籍な方々。ガイドは英語と通訳による中国語。

 

こんなに海外を飛び回る人生は想像していなかった。今、自分が中学1年に戻ったら少なくとも英語の授業だけは全力で取り組むことが出来ると思います。

 

やはり人間は目標、が大事ですね。らんちゅうもきっとそう。

 

昼からは大会スポンサープレゼンツによるビールパーティ。

f:id:izest:20171021012828j:plain

スポンサーがビールメーカーなので。

 

15時半の試合開始前にマスコミ集めてビールパーティーなんてビックリ。メディアの皆さんみんな顔が真っ赤だよ。仕事大丈夫か。

 

女子シングルス世界ランク1位、台湾のタイ・ツーイン選手のお父様と隣の席に。

f:id:izest:20171021013007j:plain

パパも顔が真っ赤。「カンパーイ!」を何度も繰り返す気さくな楽しい方でした。

f:id:izest:20171021013411j:plain

娘さん、今日の準々決勝も勝利しました。さすが世界1位。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

デンマークじゃらんちゅうの話題がねぇっす

デンマーク滞在6日目。

 

私がこのブログを書き続けるモチベーションの一つはブログ村のランキングなのですがその中でも特に日々の「注目記事ランキング」で上位に行くことが一番うれしく思っています。毎日の頑張りが一番反映されるのがこのコーナー。

 

ところがデンマークにいてらんちゅうもそばにいない中でらんちゅうの記事を書いて上位をキープするのがなかなか困難になってきました。そりゃそうだ。

f:id:izest:20171020015017j:plain

それでも今日は2位と5位にランクイン。大健闘じゃん(笑)。

 

らんちゅうなどいない現地で起こっていることをむりやりらんちゅうの話題に結び付けていますが、、、引き続き頑張ります。

 

今日もバドミントンデンマークオープンの取材。今大会のスポンサーの一つがビールメーカーのようで、普通にプレスルームにビールが提供されています。

f:id:izest:20171020015039j:plain

おおらかな国だ!

 

今これを書いているのは夜の7時(日本時間深夜2時)。

 

まだ取材があるのに結構酔っぱらっています(笑)

 

このような写真をコートサイドで撮っています。

f:id:izest:20171020015137j:plain

 

今日木曜日は2回戦。金曜日は準々決勝。土曜日は準決勝、日曜日は決勝。

 

バドミントンの国際大会はすべてこのパターンです。

 

試合数は決勝が最も少なく、土はその倍、金はそのさらに倍・・・

 

水曜と木曜日が試合が多くてこの二日間は大体朝の9時から24時くらいまで試合が続きます。週末に向けて試合数が減って仕事が楽になっていくのです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

アカムシを食いたいらんちゅうの気持ちがよくわかりました

デンマーク5日目。今日の朝食。ホテルのバイキング。

 

ベーコン、サーモン、チーズ、卵、ヨーグルト、パン、フルーツ。 

f:id:izest:20171018194928j:plain

とてもおいしいですよ。

 

とてもおいしいんですが・・・

 

米!ラーメン!うどんそば!味噌汁!豆腐!にここでは全くありつけないのです。スーパーにもありません。コンビニにもありません。アジアではどの国にもあった吉野家もありません。

 

初めて来たヨーロッパは街並み、人、気候、いろいろなことが素晴らしく感動しているのですが、米麺味噌汁欠乏症がもう限界に来ています。

 

Facebookをスクロールしているとラーメンやうどん、鍋、おでんの写真が予想もしないタイミングで目に飛び込んできます。それはなかなか私にとって地獄の苦しみです(笑)。



唯一、カップヌードルは手に入ります。でもそれだけじゃすぐ飽きる。この短期間でもう3杯も食べました。

 

高そーーーな寿司屋が一軒ありますが怖くていけません。ここは物価が日本の2倍くらいするので。

 

粒餌はおいしそうだし、栄養価もきっとあるからいいだろ?

そうなんですが。それはわかるんですが。

アカムシ食いたいと思いますよ。らんちゅうさんも。

 

いまはアカムシ食いたいらんちゅうの気持ちがよーくわかります。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

葛飾愛魚会 第55回品評大会に・・・参加できませんでした

デンマーク滞在4日目になりました。10月31日まで続くヨーロッパ出張はまだ序盤。

 

らんちゅうの様子は息子が不定期に写真を送ってくれています。

f:id:izest:20171018000300j:plain

日本にいる頃から手前で斜めになっている18cmの2歳がいちばん危ない状態なのですが何とか生きているようです。

 

東京は「餌切りか?」というほど気温が低いようですね。私としてはその方が都合がいいかも。今年の品評会はもう出られないし。いくつかの舟は餌を切りいくつかの舟は少なめにフードタイマーで餌を落としていますが、切ってしまった方がいいのでしょうか。

 

でも2週間も切ると結構痩せてしまうのでがっかりしちゃうんですよね。普段一生懸命餌をやって作ったからだがパーになったみたいで。

 

そんな中、10月15日(日)に行われた葛飾愛魚会品評大会の結果が日らんサイトにUPされていたので興味深く拝見させていただきました。

nichiran.net

入賞された皆様、おめでとうございます。

 

らんちゅう初年度の今年は4つの会に参加させていただきました。(喜楽、楽友、葛飾愛魚、観魚)

どの会もそれぞれの味があって全部大好きですが、特に葛飾愛魚会は隔週という高頻度で研究会があったので本当に楽しませていただきました。品評会がスケジュールの都合で参加できなかったことがとても残念です。

 

でも12月に予定されている飲み会は参加できますのでよろしくお願いいたします。これも本当に楽しみです。

 

しかも葛飾愛魚会の会場は自宅から10㎞近くのところで行われているにも関わらず、飲み会会場は自宅から徒歩3分という奇跡。こりゃとことん飲めるじゃないですかぁ。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

厳選魚という広告表現

ヤフオクなんかを見てて思うのですが、**らんちゅう厳選魚という表現。

 

らんちゅうなんて青仔くらいまで生かされたらその時点でかなり厳選されているので色変わりが済んだくらいの段階でらんちゅうはそのすべてが「厳選魚」ですよねぇ

f:id:izest:20171016085055j:plain

 

だから実質的には誇大広告でも法的には誇大広告に該当しないという、商業的にはちょっと変わった面白いジャンルだと思いました。

 

まあご愛敬、って感じで売る方も買う方もそこは理解しつつおおらかに。今のままでいいんじゃないでしょうかね。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

デンマーク人に学ぶらんちゅう飼育

 デンマークに来て2日目

 

ここの人はとにかく大柄。男性も女性もその平均身長は日本人より10cm以上高いそうです。176cmある私より長身の女性が街にごろごろ。男性は私より小さい人を探すのが困難なくらい。

 

なぜこうも大きいのか。食べ物か?遺伝か?

 

でも食生活はどう見ても日本が一番豊かだと思うのです。こちらは飲食店も小売店も少なく、これで国民の食糧賄えているの?って思うくらい。

 

で、今日、街を散歩してよくわかりました。

 

人口密度が驚くほど低い!

f:id:izest:20171015235225j:plain

ご覧ください。この風景。まるで休館日のハウステンボスのよう。ちなみに日曜日朝10時頃の様子です。

 

プールに当歳のらんちゅうを3匹くらい泳がせるような感じ。

 

らんちゅうを大きくするために大事なことは餌の量より池の広さ、とらんちゅうの教科書に書いていたような。

 

今日の教訓「らんちゅうも人間も薄飼いでデカくなる」

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

デンマークにやってきました

金曜日の深夜に水替えをして・・・

f:id:izest:20171015044834j:plain

 

14日土曜日、デンマークへ旅立ちました。11時成田発の飛行機で10時間強のフライト。飛行機の中ではこの冬に出版予定の書籍の執筆を集中して行いました。全160ページのうちの約1/3を書きました。就活本です。タイトルは決定していて

 

「~人事経験者だけが知る採用と不採用の境界線~受かる面接、落ちる面接」

 

12月発売予定。ぜひよろしくお願いします。

 

こちらは13日金曜日。埼玉大学で行った面接対策講座の様子。

f:id:izest:20171015050803j:plain

まあこんな仕事をしています。

 

 

デンマークコペンハーゲンについたのは日本時間で22時近く。でも現地時間は15時。そこから約2時間、高速鉄道に乗って目的地へ。なんやかんやで移動時間は20時間近くにも及び、日本時間で15日日曜日の早朝5時、現地時間で14日土曜日の22時にこのブログを書いています。

ホテルはこちら

f:id:izest:20171015050256j:plain

 

ホテル内には普通にカジノがあります

f:id:izest:20171015050351j:plain

 

夜の街

f:id:izest:20171015050527j:plain

町中がハウステンボスやディズニーランドを想起させるファンタジー空間。ザ・北欧って感じです。

 

人生で初めてのヨーロッパ。明日は休日なので市内観光を楽しみます。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

らんちゅうどころではなくなってしまったという失敗

14日土曜日から2週間、デンマークとフランスに出張です。

 

らんちゅう飼育を2週間留守にするということは大変悩ましいこと。餌を切るのか否かとか水質管理の問題とか。ある程度家族にお願いするとはいえ、準備も大事。

 

ところが長期出張のしわ寄せが仕事にも来てしまい、連日深夜の帰宅。

 

こんなタイミングで大きな案件が次々と・・・

・創業以来最大の大型提携案件

・自宅兼事務所の拡張移転(近隣に)検討

f:id:izest:20171013021456j:plain

この2点はあまりにも重い課題です。まあどちらもポジティブな話であることは救いなのですが、らんちゅう飼育的にはネガティブな状況。

 

段取りを失敗しました。反省。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

ギリギリセーフ

開始から10カ月。

 

ほぼ毎日更新しているこのブログ。この10カ月で更新をしなかったのはたしか2日くらい。

 

今日はいろいろ忙しく更新できたのがなんと23時59分。

 

連続更新が途切れるところでした。危なかった(笑)。

 

さて今日は、、、

 

残念ながらこの巨大2歳(19cmメス)がお亡くなりになりました。会用ではなく観賞用として飼育していましたが数日前から体調を崩していました。

f:id:izest:20171012000242j:plain

 

 

そしてこちらの巨大な2歳(18cmメス)も体調を崩し、結構危ない状況です。

f:id:izest:20171012000706j:plain

現在治療中。

 

 

やはり巨大な魚は命を落としやすいのでしょうか。

 

 

これもまたらんちゅう飼育の難しさ、ですね

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

観魚会出陳当歳魚2匹、とりあえず元気です

f:id:izest:20171010011349j:plain

10月8日の観魚会品評大会出陳魚2匹。とりあえず元気です。

 

大会終了後、うがい薬2滴をたらしたクーラーボックスで持ち帰り、塩水浴。うがい薬以外の薬は使用せず。

 

このパターンで今年の品評大会3大会に出陳した魚9匹は全て元気に冬を迎えることが出来そうです。とくに写真上の魚は9月10日の喜楽品評大会(西前頭11)と10月8日の観魚会品評大会(東前頭18)の2戦を戦い抜きました。来年もこの魚が我が家のエース候補です。

 

らんちゅう一年生の今年は大事な魚を会に出すことをかなりビビッていましたが、まずは安心しました。

 

この9匹のうち2匹のメスは来春卵を採りたいと考えています。他の7匹うちのほとんどの魚は2歳、親に向けて冬眠させず室温が年中常時20℃以上の会社事務所で育成を継続していく予定です。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

第129回観魚会品評大会 速報&詳報3(当歳福、2歳、親)

速報でお送りします。写真は編集しておらず各洗面器の全体写真です。 

正式な写真や詳報は近日日らんホームページの観魚会のページに掲載されるかと思いますのでそちらでご確認ください。

 

成績表

f:id:izest:20171008202938j:plain

 

f:id:izest:20171008202952j:plain

 

大関(当歳福の部)

f:id:izest:20171008225847j:plain

 

立行司(当歳福の部)

f:id:izest:20171008225937j:plain

 

取締(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230018j:plain

 

関脇(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230043j:plain

 

小結(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230115j:plain

 

勧進元(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230145j:plain

 

行司(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230206j:plain

 

脇行司(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230238j:plain

 

優等賞の皆様(当歳福の部)

f:id:izest:20171008230314j:plain

 

大関(2歳の部)

f:id:izest:20171008230356j:plain

 

立行司(2歳の部)

f:id:izest:20171008230438j:plain

 

取締(2歳の部)

f:id:izest:20171008230502j:plain

 

関脇(2歳の部)

f:id:izest:20171008230523j:plain

 

小結(2歳の部)

f:id:izest:20171008230552j:plain

 

勧進元(2歳の部)

f:id:izest:20171008230613j:plain

 

行司(2歳の部)

f:id:izest:20171008230635j:plain

 

脇行司(2歳の部)

f:id:izest:20171008230704j:plain

 

優等賞の皆様(2歳の部)

f:id:izest:20171008230738j:plain

 

 

大関(親魚の部)

f:id:izest:20171008230818j:plain

 

立行司(親魚の部)

f:id:izest:20171008230844j:plain

 

取締(親魚の部)

f:id:izest:20171008230922j:plain

 

関脇(親魚の部)

f:id:izest:20171008230945j:plain

 

小結(親魚の部)

f:id:izest:20171008231004j:plain

 

勧進元(親魚の部)

f:id:izest:20171008231023j:plain

 

行司(親魚の部)

f:id:izest:20171008231047j:plain

 

脇行司(親魚の部)

f:id:izest:20171008231158j:plain

 

優等賞の皆様

f:id:izest:20171008231221j:plain

 

親魚東大関のらんちゅう。写真では伝わりにくいのですがとにかく大きくて迫力抜群でした。初心者の私が見ても「どこに出しても問答無用の優等魚」に思えました。今日最も私の記憶に刻まれたのはこの魚です。

f:id:izest:20171008231235j:plain

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

第129回観魚会品評大会 速報&詳報2(当歳寿の部)

速報でお送りします。写真は編集しておらず各洗面器の全体写真です。 

正式な写真や詳報は近日日らんホームページの観魚会のページに掲載されるかと思いますのでそちらでご確認ください。

 

成績表

f:id:izest:20171008202938j:plain

 

大関

f:id:izest:20171008211719j:plain

 

立行司

f:id:izest:20171008212005j:plain

 

取締

f:id:izest:20171008212033j:plain

 

関脇

f:id:izest:20171008212258j:plain

 

小結

f:id:izest:20171008212327j:plain

 

勧進元

f:id:izest:20171008212414j:plain

 

行司

f:id:izest:20171008212446j:plain

 

脇行司

f:id:izest:20171008212515j:plain

 

前頭1

f:id:izest:20171008212549j:plain

 

前頭2

f:id:izest:20171008212608j:plain

 

前頭3

f:id:izest:20171008212631j:plain

 

前頭4

f:id:izest:20171008212652j:plain

 

前頭5

f:id:izest:20171008212710j:plain

 

前頭6

f:id:izest:20171008212742j:plain

 

前頭7

f:id:izest:20171008212812j:plain

 

前頭8

f:id:izest:20171008212832j:plain

 

前頭9

f:id:izest:20171008212901j:plain

 

前頭10

f:id:izest:20171008212927j:plain

 

前頭11

f:id:izest:20171008212949j:plain

 

前頭12

f:id:izest:20171008213006j:plain

 

前頭13

f:id:izest:20171008213024j:plain

 

前頭14

f:id:izest:20171008213043j:plain

 

前頭15

f:id:izest:20171008213100j:plain

 

前頭16

f:id:izest:20171008213116j:plain

 

前頭17

f:id:izest:20171008213131j:plain

 

前頭18

f:id:izest:20171008213151j:plain

 

前頭19

f:id:izest:20171008213205j:plain

 

前頭20

f:id:izest:20171008213220j:plain

 

前頭21

f:id:izest:20171008213238j:plain

 

前頭22

f:id:izest:20171008213259j:plain

 

前頭23

f:id:izest:20171008213317j:plain

 

前頭24

f:id:izest:20171008213333j:plain

 

前頭25

f:id:izest:20171008213348j:plain

 

 

洗面器にのれなかったらんちゅうもいい魚がたくさんいました。約50匹くらいでしょうか。

f:id:izest:20171008213403j:plain

 

優等賞の皆様。おめでとうございます。

f:id:izest:20171008213705j:plain

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

第129回観魚会品評大会 速報&詳報1

10月8日(日)、東京都北区にて開催された第129回観魚会品評大会に参加させていただきました。会場は自宅から10km弱。観魚会は研究会を一度見学させていただいたことがありますが参加は初めてになります。当日の会員登録で当歳寿の部(小の部)に2匹出陳させていただきました。 

f:id:izest:20171008202925j:plain

言わずと知れた日本で最も歴史のある会。そんな会が自宅から30分足らずの場所にあることはとても幸運なことです。この会は当歳に小の部があります。8月まではこの会に参加することは考えていませんでした。ですが9月以降、縁があって小さめのいい当歳魚を数匹導入したので観魚会品評大会にぜひ参加したいと考えるようになりました。2~3週間前からはこの日をとても楽しみにしていました。

 

ここは全国大会ではなくとも箱根駅伝のような特別な価値のある大会だと思います。参加する前は上位入賞を夢見たりもしましたが会場に来て参加者の顔ぶれや受付されていく魚のため池を見たときに洗面器にのることすらたやすいことではないと思いました。

 

当歳の部の結果表はこちら

f:id:izest:20171008202938j:plain

 

私はこの魚がかろうじて当歳寿の部の東前頭18枚目にのりました。

f:id:izest:20171008203010j:plain

f:id:izest:20171008210606j:plain

その瞬間はちょっと残念にも思ったのですが上位の魚を見ると、そして地元の尊敬する諸先輩方の苦戦状況をみると大上出来の結果だったと言えそうです。

 

 

ですがこの位置を受け容れる気持ちは持たず上を目指し来年以降も頑張ります。

 

もう一匹はこちら。

f:id:izest:20171008203021j:plain

8月の某研究会で西大関という実績を持つ魚でしたがドボン。それほどレベルの高い激しい戦いの舞台なのですね。

 

2歳と親の結果はこちら(私は不参加)。

f:id:izest:20171008202952j:plain

 

やはり参加することには大きな意義があって、まずはこれほどの歴史と伝統のある会に参加させていただけたことを大変うれしく思います。また、ものすごく勉強になりました。有名な人は当然のごとく上位に名を連ねています。私のように手探りの神頼みでは話にならないこともよくわかりました。

 

スポーツと同じですね。勝つ人は勝つための戦略的な準備があってある程度の手ごたえをもってこの戦いの舞台にのぼっているのだと思います。私もそうならなければいけないと強く思いました。

 

今日出陳されたらんちゅうの写真は別記事でご紹介します。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村

 
 

正のスパイラル

f:id:izest:20171007005438j:plain

120cm×120cmの正方形のFRP池に当歳3匹の薄飼い。餌は赤虫のみでやや控えめの1日2回。夕方の遅い時間の給餌は無し。2日に一回の水替え。

 

王道飼育でコンデションも非常に良好です。先輩がおっしゃる「艶が出る」の意味もこの魚たちによって理解できた気がします。

 

らんちゅうが素敵な姿を見せてくれるようになると水替えなどの世話のモチベーションが上がります。そして世話をきちっと行うとらんちゅうはまたその美しい容姿で応えてくれます。このサイクルが大事なのだなと思います。

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村