読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。坪池なんか持てません。俺にはこれしかできんのじゃぁ。

子供ができると妻と手をつながらなくなるような

あらためて現状を整理すると

 

1号=メスA=3月9日産まれ=全滅

2号=メスB=3月10日産まれ写真=数百匹?

3号=メスB=3月20日生まれ=孵化待ち

4号=メスA=3月21日生まれ=孵化待ち

f:id:izest:20170323010129p:plain

80リットルメス2号産まれがこの写真です。ずいぶん減ってしまいましたが数的にはこれでちょうどいいかも。この後、3号、4号がまともに孵化したらこれは大変かも。

 

仔に手がかかるようになると、どうしても親たちの管理が甘くなりますね。

 

子供ができるとやがて妻とは手をつながらなくなるような感じですね。

 

気を付けます。

 

どっちも。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ


にほんブログ村

 

 

 

 

朝の遅いいい子たち

3月21日、連日の産卵がありました。

 

朝9時ごろ。

 

それにしても我が家のらんちゅう達の産卵は朝遅いので助かります。昨日も10時頃でした。

 

夜更かしさせるといいのかな(笑)。

f:id:izest:20170322094951j:plain

オス1号とオス2号で別々に採りました。

 

 

f:id:izest:20170322094945j:plain

 

 

 

今週2腹採って、取り合えずしばらく採卵は休止です。これがもしうまくいったら飼育スペースが限界なので。

 

失敗したら再挑戦します。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

メスらんちゅうの色気

いきなり産んだぁ~

f:id:izest:20170321011444j:plain

 

 

一週間前に産卵したメス。前夜時点では前触れを感じなかったのですが、20日(月・祝)の10時頃水槽を見てみると異常に興奮状態。産卵巣は用意していなかったのにオスと壁面でモゾモゾ。で取り出してみると卵がブワァーっと。

 

慌ててオスもつかみ取り人工授精。 卵はそばにあった洗面器2個とダイソーで買ったランチョンマット4枚にまき散らさせました。

 

今日とは思わず何も準備してなかった。

 

ある程度絞りとってメスをオーバーフロー下に。休養。

f:id:izest:20170321011433j:plain

これは会社です。

 

現在の体制は種魚は会社で飼育、産卵は会社。孵化と稚魚育成は自宅(会社から徒歩5分)。というちょっとめんどくさい飼育環境。

 

なので卵を梱包して車で自宅に移送

f:id:izest:20170321011415j:plain

 

1.一度産むと1週間後にまた産む

2.産卵は大潮が多い

 

大潮はほぼ隔週なので矛盾するこの説。

 

いったいどっち?とは思っていたんですが。

 

今回は2ではなく1でした。

 

先週産んだもう一匹のメスもいます。明日は準備をしっかりとして挑みます。

 

ただ、本命のこのメスが全く産みそうにない。

f:id:izest:20170302003507j:plain

お腹も堅いしなんか色気がないんですよね。

 

 

 この日の丸タイプの2匹のメスばかり出産ラッシュ。

f:id:izest:20170211193219j:plain

 

 

こっちは見るからに色気がある。

 

 

らんちゅうのオスの気持ちがわかるようになってきたかな

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

選別楽勝

f:id:izest:20170319235222j:plain

自宅。稚魚数百匹の80Lの舟を熱帯魚水槽のそばに。

 

ヒマを見ては曲がった魚、弱った魚をスプーンで救って熱帯魚水槽に放り込んでいます。まさにエサ金。

 

なんかずいぶん稚魚が減ってきました。この数ならしばらく育てられる?選別終了してもいいくらい(笑)。

 

まあ今回はうまくいったとは言えませんが仔引き初体験でいい経験をしました。残る数百匹はたとえ数匹になろうとも生き残りを育ててみます。これも経験。

 

まだ産みそうなメスが3~5匹います。次回の大潮で頑張ります。いろいろな反省を生かし。

 

ブライン製造工場はこんな感じで作りました。少量ずつ時間差で沸かして鮮度のいいブラインの継続供給を図ります。

f:id:izest:20170320000023j:plain

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

ルーペ使って針仔を撮影してみた

ルーペを購入。文具店で1000円弱。2.7倍のルーペです。

f:id:izest:20170319012308j:plain

 

 

孵化後4日目の稚魚をルーペ越しに撮影。ピント合わせに成功。

f:id:izest:20170319012250j:plain

 

肉眼ではもっととてもよく見えます。4日目にしてハネるべき魚がわかりますね。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

大阪出張二日目

大阪への出張。従って会社と家のらんちゅうは放置。

 

今日18日土曜日の夜に東京へ帰ります。

 

今回の大阪出張は社運を賭けたプロジェクトでしたが社員がみんな頑張ってくれて何とか成功できました。

 

東京に戻ったらオフィス拡張の手続きをします。総面積を2倍にします。

 

なんて考えていたら飲み屋で大阪のある企業の73歳の創業会長さんと知り合いました。

 

その会長さんは1から会社を興して創業40年。今では従業員1000人以上。息子さんに社長は任せているものの今でも週4回は会社に出社し、連日深夜まで飲み歩いている元気な方。

 

「あんたは今いくつや?」

 

「51歳です」

 

「おおええのう。社長は50歳台がぶわぁーーーっと伸びるんやで。どんどんやりなはれ!」

 

こちらは社員13人のベンチャー企業。成長のチャンスなのでガンガン行きます。

 

そんなこんなで仕事上では希望と夢と充実と課題が渦巻く昨今。

 

ゆえにこの魚の平和な感じには癒されますな。(左メス3歳、右オス4歳。東京オフィスのエントランスの門番たち)

f:id:izest:20170317004838j:plain

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

このタイミングで痛恨の出張

f:id:izest:20170317004808j:plain

3月9日生まれの第一組。水質管理に失敗し、風前の灯。現時点でも300もいないと思います。

 

木曜日~土曜日にかけて2泊3日で留守にします。給餌を開始しなければいけないこのタイミングで泣く泣く放置。がんばって生きていてくれー。

 

こちらはメスの親たち。

f:id:izest:20170317004824j:plain

次に期待しているよ。勝負は今月末かな。よろしくね。

 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

偶然と競争

3月9日生まれの方はちょっと壊滅の危機。水質が悪化してしまいました。

 

一方、3月10日生まれの方はまあまあかなと。こちら。

f:id:izest:20170316014501j:plain

 

水槽を3つ使って水質安定作戦、がちょっと良かったのかも。

f:id:izest:20170316014439j:plain

 

稚魚を見ていると夢がいっぱいですね。

 

そんなことを考えながら思ったらんちゅう趣味の背後にあるもの。

 

ロジェカイヨウと言う人が1958年に発表した遊びに関する研究書によると遊びは次の4種類だそうです。

1.競争=アゴン:運動競技、ボクシング、チェス
2.偶然=アレア:じゃんけん、くじ 、パチンコ
3.模擬=ミミクリ:子供の物真似、人形、仮面、演劇
4.眩暈=イリンクス:メリーゴーランド、ブランコ、スキー、登山 

 

1番と2番の要素があるようなところがこの趣味の面白さなのかもしれません。

 

たくさんの稚魚を見ると偶然のような奇跡でこのなかから大関がでるかも、なんて思ってしまいますね。

 

でもそう思ってしまうのは初心者の証。大関クラスに偶然はなく「勝つべくして勝つ背景」は必ずそこに存在するのだと思います。

 

このことは2011年ごろから夢中になって挑戦しているネイチャーアクアリウムの「世界水草レイアウトコンテスト」で痛感しました。毎年2000人以上が参加するコンテストで私の最高位は411位。これ。

f:id:izest:20170316021545j:plain

なかなか100位以内にすら入れません。奇跡の上位入賞はないのです。

 

らんちゅうづくりは芸術だと思います。芸術は想像以上に奥深く、決して甘くないのです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

孵化二日目の稚魚を3600万画素のカメラで撮ってみた

f:id:izest:20170314220438j:plain

3月14日。NikonD810で撮ってみました。まだ泳ぎ始めていない稚魚たち。

 

16日~18日の間留守にする予定。餌どうしましょ。

 

親はこの方々。

www.youtube.com

1月末にペアで購入。

 

昨年から大量の餌と手間をかけた10匹以上のらんちゅうはまだ産卵に至っていませんが年明けてそれらよりやや高価なものをペアで購入したら購入後1か月ちょっとでこの成果。飼い主に喜びをもたらせてくれました。買った方が本当に早い。また結果的にはローコストかも。

 

こちらのお店には本当に感謝。いいものを納得価格で。種入手困難なこの1月~2月に売っていただいて。このお店ではらんちゅう2回と東1回の計3回買っていますが、いつも満足です。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

冷静と情熱の間

f:id:izest:20170314002908j:plain

今回の大潮で2日続けて2腹産卵。 その第一組の孵化が始まりました。

 

熱帯魚繁殖はいくつかの種類の経験がありますが金魚は初めて。

 

いやーかわいいですね。寝てるだけですが。

 

1匹1匹に愛おしさを感じます。

 

でも、「らんちゅうは99%がハネ魚」と教科書には書いています。

 

しかし良くしたもので、生き物はなんでも赤ちゃんはかわいいものです。

 

愛情と冷静さのバランス。これもまたらんちゅう飼育における重要な課題、ですね。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

人工授精法の師匠は若い女性

3月9日生まれ。会社に置いている舟。4日目、大分カビていました。受精率が良くないです。特に産卵巣にまかれた卵が。 

f:id:izest:20170313001406j:plain

 

f:id:izest:20170313001536j:plain

洗面器に採った人工授精の方はまあまあかな。こんな感じで洗面器2つ。

 

一方、3月10日生まれ、自宅の舟。3日目の写真。こっちの方は順調。洗面器3つほか。カビはほとんど見当たりません。12日に水替えしました。自宅玄関でヒーターを言えていた舟からリビングに移し、24時間エアコンonで室温で温度コントロールします。

f:id:izest:20170313001634j:plain

やはり2日目(=人生2度目)の人工授精の方がうまくいったようです。

 

何事も経験ですね。

 

受精率の悪い1日目の卵は今週末の出張との兼ね合い上も肝心なタイミングで面倒見れないのでほぼあきらめて、2日目の方を中心に、もう一腹くらい挑戦したいと思います。

 

人工授精はこの動画の方法がとても参考になりました。今後はこのやり方中心で行きたいと思います。

www.youtube.com

 

こちらのお店のYoutubeチャンネルの動画はいろいろと参考になります。先生が若い女性というのもびっくりですがとても親しみが持てるキャラクターの方でいいですね。先月のアクアライフに載っていた方ですね。

 

今回の大潮で二腹採れていろいろ忙しくなりました。

 

こういう時は冬眠組や水草水槽組の手のかからなさ、が本当にありがたいです。

f:id:izest:20170313003227j:plain

この3歳メスと4歳オス。当初は一番期待していたのですがまったく産卵の気配を見せません。まあこのペアは積極的には採りにいかず、観賞用として親魚の迫力を楽しんで愛玩飼育します。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

にほんブログ村

 

 

 

時間差ブライン作戦

 

f:id:izest:20170312003836j:plain

11日の朝。9日、10日につづき3匹目のメスの産卵にトライ。でも産みませんでした。オスはやる気でしたがメスがだめですね。

 

このメスが購入価格がダントツで高い魚なので本命にしたいんですが。まあ明日以降に期待。むしろ1~2週間先でもOKかな。3月は仕事が忙しいので。


f:id:izest:20170312003850j:plain

ブラインの孵化器はどうしようか悩んだんですが、熱帯魚繁殖で使い慣れたこの器具を5個、40Lの湯銭使って。職場に置いているので頻繁に対応できます。この5つを数時間おきにセットしていけば常に鮮度の高いブラインの給餌ができるかなと。


果たしてそううまくいくか。

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ


にほんブログ村

 

 

 

 

連日の産卵

f:id:izest:20170311010309j:plain

昨日産んだらんちゅうと別の明け2歳ペアが産卵しました。昨日は会社にて。今日は自宅にて。産卵巣はダイソーで100円で買ったレイ。これはいいですね。安くて簡単で。

 

昨夜からその気配はあったので朝6時に起きて様子見。蓋をしていたのでらんちゅうもそこで起床したのか、人工授精を試みるも雌の卵は出ず。

 

2時間ほど仮眠して8時頃に再挑戦すると雌から卵がドバドバと出ました。人工授精で。昨日と同様オス1、メス2で仕掛けました。そして1匹のメスは産卵しそうにないので退場。写真の日の丸のメスで卵を採りました。

 

昨日よりも採れたような。数がこれでいくつなのか、絞りきれたのか、まったくわからずカンで。ボール3つ分。

 

f:id:izest:20170311010941j:plain

 

産卵後は自宅から徒歩5分の会社の水槽に移しました。雌雄別に

 

女湯

f:id:izest:20170311011039j:plain

 

男湯。上が昨日活躍した雄、下が今日活躍した雄

f:id:izest:20170311011111j:plain

 

 

そして夕方。

 

 

昨日今日の産卵に貢献したのに相変わらず興奮気味のオス2匹と、今回まだ産んでいないメス1匹で明日に向けて自宅に水槽をセットしました。

f:id:izest:20170311011138j:plain

 こちらも産卵巣はダイソーの100円レイ。

 

3腹も採るなんて想定していませんでしたが、チャンスがあるなら全部採りたくなりますね。

 

今回初体験の仔引き。いろいろな気づきがあります。産まない時は全然です。でも産み出したらラッシュですね。こんなにポンポン採れるとますますハマっていきますね。

 

池も増やしたくなるしビニールハウスでも持ちたくなる。本格的な養殖もしたくなります。

 

この趣味のブレーキはいったいどこにあるのでしょう。 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ


にほんブログ村

 

 

 

 

ラブストーリーは突然に

前夜は特に前触れもなかったのにいきなりでした。

 

そんな今朝の産卵を終えオスをオーバーフローの下に隔離。これちょっと便利。

f:id:izest:20170310005045j:plain

 

卵の舟にはフタ。20℃で5日後を待ちます。

f:id:izest:20170310005102j:plain

 

さて、一方では今朝の産卵に参加しなかったメス2、オス1.こちらもちょっと興奮しているよう。朝に期待。

f:id:izest:20170310005115j:plain

 

そんなに育てられるわけないのに、産んでくれるなら全部採りたくなるですよ。どうしましょ。

 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ


にほんブログ村

 

 

 

 

速報、産みました

f:id:izest:20170309113759j:plain

f:id:izest:20170309113814j:plain

今朝、9時に出社したらメス2、オス1の水槽でモゾモゾ。

1匹のメスは何も出ませんでしたがもう1匹のメスの卵とオスの精子が出たので人工授精で絞りました。

この洗面器はその一部。すこし自然産卵もしていたようで。

何個あるのか?、受精率は?

初めてなので全然わかりませんがいい経験ができました。

まだ他に期待できる魚もいるので、まあこれはいい練習になれば。

というのは3月16日から18日の3日間出張に行くんですよね。妻も社員もみんなで一緒に。

孵化後3日目~5日目に留守って最悪~。

息子にブラインの作り方とやり方をスパルタ教育するしかねえ。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ


にほんブログ村