読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。坪池なんか持てません。俺にはこれしかできんのじゃぁ。

らんちゅう学にたぶん近道はない

自宅ベランダのらんちゅう。教科書通りに青水を作って波板でフタをし冬眠させています。

 

f:id:izest:20161214232212j:plain

f:id:izest:20161213152554j:plain

 

 

水草水槽でのらんちゅう飼育や

f:id:izest:20161212235704j:plain

 

砂を敷いた水槽での飼育など

f:id:izest:20161205102300j:plain

 

教科書無視の邪道飼育をしている私ではありますが、

 

一応、教科書通りの飼育も並行して行っています。

 

邪道飼育と教科書通りの飼育を並行して行うことで教科書の教えの本質を一層深く学ぼうという戦略です。

 

「学問に王道なし」とは・・・

学問を修めるには基礎からのしっかりとした積み重ねが必要である。王様が通るような整備された近道などないという意味だそうです。

 

私は20歳台のころスーパーマーケットチェーン企業の社員でした。日本のチェーンストアはその先進国であるアメリカのチェーンストアに学ぶことで成長してきた業界です。当時、業界のカリスマコンサルタントは「人類最初の実験をするな、経験則に学べ」と連呼していました。

 

人類最初の実験をすることって楽しいのでそれを制限されるとますます基本を否定したくなりますね。でも基本を無視したら何事も結局はろくな結果になりませんでした。

 

確かに革新的なことに挑戦することは大事です。人類は間違いなくそうやって進化してきました。でも一方で基本や経験則を学ぶことをめんどくさがってはいけないということは間違いなさそうです。

 

自分はまだらんちゅう初心者。

f:id:izest:20161212021308j:plain

基本と経験則への敬意は忘れないようにやっていきたいと思います。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村