俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。坪池なんか持てません。俺にはこれしかできんのじゃぁ。

いいじゃないの幸せならば

f:id:izest:20161220130430j:plain

この飼育方法は是か否か。こんな絵面、ネットでもリアルでも見たことない(笑)。ネイチャーアクアリウム界とらんちゅう界の双方から非難を浴びちゃうでしょうか・・・

 

 

完成度の高い120cm水草水槽(ネイチャーアクアリウム)でらんちゅう飼育。実験を開始して約1週間。深見らんちゅう先発隊の2匹が本当に絶好調なんです。よく泳ぐ、よく食べる、水は汚れない、水草は荒らされない。

 

 

で、深見らんちゅう4匹と宇野系1匹を合流させ計7匹に。 

 

 

ネイチャーアクアリウム歴5年。水草水槽制作はかなり勉強して経験も積みました。水槽も常に5本から10本を回していました。そして最近は思い通りに水草をきれいに育成できるようになりました。しかしらんちゅう歴はまだ4カ月程度の初心者。

 

 

21世紀に入ってから大いに発展を遂げたネイチャーアクアリウムの技術のいい部分を歴史あるらんちゅうの世界に取り入れてみたいのです。

 

 

水温は約25℃。(会社の事務所で、24時間室温を25℃にしています)

 

 

さっそくみんな気持ちよさそうに泳いでいます。

 

 

いいじゃないの~、幸せならば~。

 


水質は最高にいいと思います。

 

 

完成したネイチャーアクアリウムでは照明が点灯しCO2が添加されている間は酸欠どころかむしろ光合成によって酸素が過飽和状態になっているそうです。

 

 

酸素最高レベル!なわけですね。

 

 

このように酸素が最高に充実した環境がらんちゅうの成長にどのように影響するのか。これを研究してみたいのです。

 

 

金魚は水の良し悪しの評価を明確に行動(泳ぎ)で示してくれますね。そこがまたかわいいですなー。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村