俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。らんちゅうについて考えることは喜びである。

水草レイアウトらんちゅう好調

会社の120cm水草水槽。水温は20℃。

f:id:izest:20170114234342j:plain

 水草水槽とらんちゅうの組み合わせは邪道ですよね。なにせ塩を絶対に使えないし。

 

ところが相変わらずの絶好調。水替えなしでも水質安定。苔も生えず。

  

教科書通りの飼育方法と比べ育ち方にどのような問題が起こるのか、まだよくわかりません。ですが元気に生かして飼育する分には水草水槽は最強かもしれません。

 

7匹もらんちゅうを入れていて餌もガンガンあげているのに水替えほとんど不要。苔も生えないのは本当にすごいと思います。水替えが忙しくない、というのがなによりうれしい限りです。

 

ただこのような状態の良い水草水槽を作ることは決して簡単ではありません。私の場合はその技術の習得に5年かかりました。状態の良い水草水槽を誰でも簡単に作れる条件はおおむね次の通りかと思います。

1.水槽は90cm以上がよい

2.ソイルはADAのアマゾニアがよい

3.照明はADAのソーラーⅠ(150Wのメタハラランプ。120cm水槽の場合2つ使う)

4.CO2添加は必須(CO2ボンベは酒のカクヤスでミドボンと言われる5kgのボンベを調達。初回約7000円、中身交換の場合約2000円、中身は半年以上持つ)

5.照明点灯はタイマーでコントロールし10時間以内(長時間点灯は苔地獄になる)

6.フィルターはエーハイムの外付けフィルター(大きいほど良い。2つ使うとなおよい)

7.水草は最初から隙間なくたくさん植える方がよい(苔に負けにくい)

8.水草が密集し根が生えさらにフィルターのバクテリアがいい感じになる(=水が澄んでくる)までセットから約2カ月かかる。そこまでは魚を過剰に入れず、水の様子を見ながら数日に一度の水替えを頑張る。

9.肥料は不要

 

現在2本目の水草らんちゅう水槽の仕込み(水草育成)をしています。別の90cm水槽です。3月初めにはいい感じになるかな。

 

 

 

にほんブログ村の「らんちゅう部門」に参加。

ランキング上位をキープしています。

ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ
にほんブログ村