俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。らんちゅうについて考えることは喜びである。

王道か邪道か

3月上旬生まれの我が家の1番仔。

 

ほとんどサシで、師匠からは「全部ハネだね」とのアドバイスをいただいたグループ。

 

ですが2匹だけ残して育ててきました。

 

人生初の仔引きの1番仔ということで成長の足跡は体感したいので。 

 

f:id:izest:20170607003651j:plain

 

諸先輩方の教えに忠実に実践していくのも一つの方法ですが、「人類最初の実験」みたいなこともモチベーションの源でもあり。そこがらんちゅうの楽しさ、奥深さですね。

 

ある教えによると「色変わりまでがすべて」、またある教えによると「色変わり後にあおる方がいいらんちゅうができると検証された」と。

 

青水がいいという説や更水がよいという説もあるし。

 

舟は正方形が良しという方もいれば、正方形であることは重要ではないという方も。

 

全部取り入れた上での自分流の確立、にもロマンがあるし。

 

そんなことも含め、1年や2年じゃ理想には到底たどり着くことができない。

 

だかららんちゅうは多くの人を何十年も魅了するのでしょう。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村