俺のらんちゅう

らんちゅうについて考えることは喜びである。

少年

1階の飼育場で作業をしていると見知らぬ少年がやってきました。

小学3年生くらいでしょうか。

f:id:izest:20180424170739j:plain

 

「すいませーん、中を見せていただいていいですか?」

 

物おじせず、敬語もしっかり使えて社交的。とても好感のもてる少年でした。

 

「どうぞどうぞ」と招き入れ、一通り見せてあげると興味深そうに目を輝かせていました。

 

「金魚何匹かあげようか。持って帰る?」

 

「え?いいんですか」

 

子供には型より色と考え、色のいいハネらんちゅうを5匹選んでプレゼント。 

 

嬉しそうに、大切そうに、持って帰っていきました。ちょうど迎えに来たおばあちゃんと一緒に。

f:id:izest:20180622145557j:plain

平和で幸せそうなこの後ろ姿、最高。

 

ということで、未来のらんちゅう師が今ここに誕生しました。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 

 

 

 にほんブログ村