俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。らんちゅうについて考えることは喜びである。

飼い込み再開へ

去る9月10日に行われた喜楽らんちゅう会品評大会で活躍してくれた当歳魚3匹。大会翌日から海外出張だったため大会の終了直後ある方に預かっていただいていました。

f:id:izest:20170924124051j:plain

病歴のない魚だったためでしょうか、やや重めのエラ病になっていたそうですが、しっかりと養生され回復。今日私の手元に送っていただきました。本当に感謝です。

 

この3匹の役割は「会用」です。2歳以降で大変期待できる魚なのですが、なにせ私は初心者。2歳に向けてこの魚の才能を花開かすことが出来るかどうか、というとかなり不安。

 

なのでこの内の1~2匹を使って今シーズン、ある会に出してみようと考えています。10月後半が海外出張のため今シーズンの会への参加は終了の予定でしたがその前後に開催される会はあると言えばあるので。予定変更でもう一回、飼い込みのスイッチ入れます。

 

一方、昨日戦力外通告をした10匹の魚たち。なんと朝から乱交パーティー。たくさんの卵が水中を浮遊していました。

f:id:izest:20170924124100j:plain

それをパクパクと食べるらんちゅうたち。自分で産んだ卵をパクパク食べて後に腹壊す。なんと愚かな生き物なのでしょう。こいつらまったく!

 

今日はバドミントンジャパンオープンの取材。決勝戦ですが5種目(男女単複と混合複)のうち3種目で日本人が決勝の舞台に立ちます。場所は東京、千駄ヶ谷。ここ数年の日本の活躍は素晴らしく、今大会でも各種目で「日本人史上初」の好成績が連発しています。

f:id:izest:20170924124109j:plain

バドミントンに無縁の方でも新聞のスポーツ欄への登場があきらかに増えているのはお気づきかと思います。先週の韓国出張もバドミントン大会の取材。そして今週のジャパンオープンと2週間続いた取材も今日で一段落(次は10月後半のデンマーク、フランス)。

 

これで何の仕事をしているかというとバドミントンに関するインターネトメディアの運営です。まれに地方の新聞社の方に写真を提供したりもします。こちらはインドネシアで発行されている日本人向け新聞。この写真は私が撮影しじゃかるた新聞へ提供したものです。

f:id:izest:20170924130723j:plain

ちなみにカメラはそういう系統の学校を出たこともなく師匠についたこともなく、独学です。しかも45歳を過ぎてから。その後の経験値は海外も含め結構積んでは来ましたが。 まだまだ発展途上中。だから楽しんでいます。

 

 

今日の夜からまた3週間、「らんちゅうに全力で取り組む」の日々を過ごしたいと思います。餌やって糞濾しして水換えて餌やって糞濾しして水換えて餌やって糞濾しして水換えて・・・・・

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村