俺のらんちゅう

東京都足立区のペンシルハウスでの邪道らんちゅう飼育日記。らんちゅうについて考えることは喜びである。

イソジンってなに?というお話

らんちゅう飼育の教本や先輩のお話に頻繁に登場する言葉の一つに「イソジン」があります。

 

らんちゅう初心者の認識は「ああ、あのうがい薬のことなのかな?」そうなんだろうとは思いつつも「?」も伴いながら認識する感じ。

 

そして先日のこと。この秋の初めての品評会参加に向けて「イソジン」を買いに薬局へ。

 

うがい薬のコーナーはあったのですが「あれ?イソジンないなぁ。」

 

で、店員さんに聞いてみるとなんと・・・

 

「今はイソジンというブランドはないんですよ。明治うがい薬、に変わったんです」

 

スマホで調べてみると昨年、ブランドやデザインで訴訟合戦まで起こった末にこんなことになっていたようで。

問題となったのはうがい薬のキャラクターとして長く愛されてきたカバくん。明治は昨年12月、1961年から開発・製造・販売してきたイソジンを技術提携およびライセンス契約をしてきたオランダのムンディファーマ社の要請で2016年3月31日をもって手放すと発表。その後、従来のイソジンはムンディファーマが販売を委託するシオノギヘルスケア(一般用医薬品)と塩野義製薬(医療用医薬品)が販売することが決定していた。イソジン製品を販売できなくなった明治は、4月1日から中身は全く同じ内容で商品名のみ変更した明治うがい薬を販売することに。キャラクターのカバくんは残ることになり、今後もプロモーションに利用していくとしていた。

 

まあ我々にとって重要なことは「殺菌消毒成分であるポビドンヨードPVP-I)を有効成分とする消毒薬」であれば名前なんかなんでもいいので明治うがい薬を購入。

f:id:izest:20170831115059j:plain

 

そして8月27日の楽友らんちう会品評会に出品した我が家の2匹は「明治うがい薬」と塩で養生。4日たった今日もとても元気。餌もしっかり食べていますよー

f:id:izest:20170831115301j:plain

 

ところでこのブログを書いている最中の今朝、楽友会の会長から電話が。

「いやぁ、大した用事じゃないんだけどさぁ、会に出した魚は元気かなと思って。あなたは今年初めてでしょう。だからちょっと心配になってね。ちゃんと養生できた?」

 

今日のブログのテーマにどんぴしゃりのお話を、しかも執筆中にお電話いただき、そのタイミングにとてもビックリ。もうその声は神の声に聞こえましたよ。会長。

 

お心遣いに感謝感激!本当にありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ らんちゅうへ

 


にほんブログ村